9月、2週出演

宮本です。

ご縁があり、9月に2週連続で出演させていただくことになりました。

演の祭典2017 参加
十和さんと小林くん番外公演 トワコバSP
『flowflow LABO』

この時期浅草で恒例となったCreative Company Colorsでの矢部亮・松尾美香の二人芝居『十和さんと小林くん』の番外編!
800年生きる不老長寿の十和さんと、彼女を研究する小林くん。
今回の番外公演では、そんな小林くんが所属する研究所で、
ちょっと変わった研究者たちと、ちょっと変わった新人が繰り広げる5人芝居。
不思議で可笑しくて、ちょっとだけHAPPYになる50分のお芝居です。

□作・演出:矢部亮
□出演:宮嶋みほい / 宮本荊 / 長尾一広 / 高野ちん太郎 / 矢部亮

○と き:9月16(土)・17(日)・18(月)
全日、18時開演(17:50開場)
※開場から開始までが10分と短くなっております

○ところ:浅草 山本劇場
東京都台東区浅草1-12-2 篠原ビル2F

○ねだん:前売・当日共 1,500円

▽ご予約(Quartet Online)
https://www.quartet-online.net/ticket/towakobasp?m=0gcfhdj

▽演の祭典2017
https://ameblo.jp/asakusapp2/

朗読×ダンスーズ企画『黄色い壁紙』

【企画】メル(Mer)
【出演】宮本荊(LifeR)
メル(Mer)

【時間】2017年9月22日(金) 開場7:30 開演8:00
【会場】カフェムリウイ 屋上
http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/info.html
【料金】前売2000円 当日2500円 (共に1ドリンク別)
【予約】メール:m.meco.mer@gmail.com(メル)
もしくは私の方までDMなりなんなり

朗読と踊りと共に小説シャーロット・パーキンス・ギルマン著作の短編『黄色い壁紙』を上演します。
”それでもこれだけは自信を持って言える。この屋敷にはどこか奇妙なところがあると。”
語り出す口上に、踊りに、ムリウイの風に、秋のはじまりを堪能してください。

※上演時間約60分

【稽古日誌】始まりましてる

ただ今HP公演ページにて情報を公開しているが、先月よりstg:6公演に向けて稽古が始まった。出演陣と、序盤の顔馴染ませも一頻りできてきたところだ。
間に細々と個人活動を行っていたためナンバリングの本公演としては日が空いてしまったが、また作・演出と出演をさせていただいている。テンパってくるとそれらが満遍なくおろそかになってしまうが、今回も暖かい出演者の皆さんの支えによって乗り切ることができるはすだ。そんな風に先手を打っておいて、今回の出演者を軽くご紹介。
まずは初めてご一緒する多田竜也さん。好青年枠でお呼びした純血の好青年で、見た目は好青年で中身も比較的いい人だ。たまに得体の知れない闇や気だるさが表われて、見かけほど若くないことを思い出させてくれる。普通に立っていればイケメンだが、もう少しエグい側面を探ってみたい。
そして古山彩美さんは先日の読み聞かせを含めると三度目のご協力となる。相変わらず筋トレへの一貫した嫌悪感を示すが、ベースは真摯なので、今回もまた稽古にあたって新しい技術的難題を前に大いに悩んでいただいている。
もう一人、初参加となるメルさんは、ベースは俳優さんでなく舞踏の方である。実は当初は身体表現枠的にお呼びしたのだが、思いがけず素敵な声だったため、結果的にけっこう喋っていただくことになった。本人にそう言ったら大変恐縮されていたので、あらためてここでプレッシャーをかけておく。稽古場では、正に別領域からの刃といった意見を頂くことが多々ある。自分が思っていたよりも形式的になっている部分を再認識させてくれる、ありがたい存在だ。
最後に、前回の読み聞かせで美声を響かせた岸本和也さん。その重低音の安定感でもってほかの4名の背後から忍び寄って、もとい、サポートしていただきたい。

これからまた本番まで、これらの出演陣にも登場していただきながら稽古日誌としてご報告をあげてゆきます。

稽古日誌 古山彩美

と、いうわけで。
はじまってます!
「読み聞かせ」の稽古。

第1回読み聞かせの時はお客さんとして観に行ってました、私は目から鱗だったのを覚えてます。
脚本ではなく、本を声に出して読む。
小学生ぶりではないでしょうか。

台詞ではない台詞。

今でも本を読みますが、
声に出して動いてみたりすると、
今まで結構いい加減に解釈したり、読み飛ばしたり、流したりしていた書き言葉に気づく。

でも、その言葉達を拾って、身体で、声で、表情で表現できたら、きっと素敵!

そんなこんなで、台詞はもちろんのこと、書き言葉も大切に稽古に勤しむのです。

まだ起爆くらい

現在稽古的には前の三分の一が過ぎてきたが、今のところ内容のしっぽを追いかけている段階で、まだ動きだなんだという状態にはなっていない。

この時期はまだ先が見えず皆さんの頭がもやもやしている状態だが、そんな状態だから妙な発想が飛び出してきたりもする。昨日は筒井本サイドの稽古だったが、出演する萬歳さんから「この役は妖精みたいなものですか」という質問が飛び出した。動き的にという意味だったのだろうが、おそらく本人が思っているよりも劇的に、役の在り方とこの話そのものを指している。詳しくは話せないが今回の一話目は、いわば神戸の路地裏に出現した妖精の巣に迷い込んだ男の綺麗で汚い白昼夢と言っていいのかもしれない。

まだ打率はかなり低いものの、突発的にこうした発想が出てくる。光恵、恐ろしい子。頭の中のビジョンを体現する運動能力がまだ不足しているのが悔やまれるが、それはこれから。

他の皆さんも各々、役以前のご本人としての特殊能力を徐々に沁み出させ始めている。良い癖も悪い癖も色々ごった煮の状態である。

稽古日誌と案内

お盆明けに、舞台でもなく朗読劇でもなく“読み聞かせ”やります。稽古中です。いつも、決まって、お腹が減るんだなぁ、、。本を持ったままでいいなんて!と歓喜した私は哀れ、やらなきゃわからないことってたくさんあるのね。あれ、ふと、怒られないとわからないのか、と幼い頃言われていたのを思い出したよ。
さておき、替わりばんこで回ってくる稽古場日誌なのですが、この度初投稿ということで詳細を私情をはさみつつご案内させていただきますねφ(..)φ(..)

LifeR
「大人の為の怪奇な読み聞かせ 2版」
– 薬菜飯店 / いにしえの魔術 –

音と灯りと渾身の(!)芝居でテキストを全身全霊で体現する「読み聞かせ」。朗読ではなく読み聞かせ、むしろほぼ芝居(でも手には本)。しかしながら全て書き言葉(短編小説の台詞と地の文もそのままでお送りします)。お子様には少し刺激の強い怪奇なお話(私にとっても刺激的だったんですけどそれは)。美しい浸食に襲われる洋の「怪」と、気持ち悪いほど爽快になれる和の「奇」の二本をお届けします。恐ろしくも生き生きとした「書き言葉」の空間をお楽しみ下さい。
なお、今回も会場奥のカウンターにて各種ドリンク、軽食を販売しています。少々の、人によっては多量のアルコールとともに大人の時間をお楽しみいただけます。わぁい(*´∇`)

稽古日誌 小笹桂

今日は全員参加の稽古でした。やはり全員参加だと、個々の動きやら、いろいろとやり易いです。なので今日は演出よりザックリではありますが、各々に動きを付けてもらい徐々に形になって来てます。楽しみです。今後の稽古も明るく楽しく元気良く集中してやって行こうと思います。

稽古日誌 池畑天平

さてさて、大人の為の怪奇な読み聞かせ2版、ということで1版に続き今回も参加させていただくことになりました池畑天平です。
稽古も始まりまして、また濃い感じの面々が集まったなという感じです。
朗読ではなく、小説そのままを舞台で演じる。これがなかなかどうして、とても難しいです。
1版の時は、やっとコツというかやり方というか全体像が見えてきて、これからどんどん良くなって行くのだろうなというとこで本番を迎えました。
2版では、これらの反省点を踏まえてさらに良い作品とするため、邁進していきます。

何某かの表明として

2011年も既に半ばとなり、夏を迎えようとしている頃ですが、如何お過ごしでしょうか。

悠長なご挨拶より始めてしまいましたが、先に書いたとおり早くも夏を控える頃となり、先の更新より実に1年の間隔を開けてしまいました。様々な変化を経てようやく、ここにご挨拶申し上げることができるようになった次第ですが、長期にわたって空いてしまいまして、申し訳ございませんでした。

この間、個人的にもそうでしたが、加えてこの国においても実に大きなことが起こりました。同業の徒の中には、それを目の当たりにしてあらためて自らの意義を自問する声もいろいろ聞こえてきました。今この時、私達が行いを貫く意義は何か、それ以前に意義はあるのか。もっと言うなら「今」に限らずこれまでそもそも、「意義」とやらはあったのか、と。それに対する各の答え、自信に満ちたものであれ曖昧なものであれ、その結論は今後色々な形で目にすることになるのだろうと思います。

私どもも、そうした答えや、先に書きました個人的な変化などについて今後折を見て発してゆく所存ですが、この場ではまず一つだけ。私どもはそれらを作品として舞台上で発してゆくつもりであるということだけ申し上げておきます。もともとLifeRとして作品を発し始めた原初の想いに照らせば、今現在、自分たちが口を閉じて死んでいない以上は、口を開いて作品と成すという選択肢しかありませんでした。

今は、口から、頭から出る全てを作品として凝縮し再び皆様にご提示できるよう努めております。長い期間を経て勝手な物言いではありますが、もしよろしければご期待のうえ作品をお待ちいただけますよう、LifeRより、そして私自身より、皆様にお願い申し上げます。

メンバーの変更について別途更新しております。そちらもご覧ください。

【Tweets】☆矢野ネコの日常スギル日常 2回目☆

[contemplate1]

  1. lifer_kimika さて。おやすみなさい。。
  2. lifer_kimika 流星群は見られそうにないですね。。
  3. lifer_kimika ツイートしようと思って、キーボードに指を置く。(自分的に)いまツイートするタイミングではないことに5分後くらいに気づき、やめようと思いました。おやすみなさい。
  4. lifer_kimika かき氷食べたい。おやすみなさい。
  5. lifer_kimika きれいなお月様といつもよりたくさんのお星様が見られました。おやすみなさい。
  6. lifer_kimika 今度のお休みにはシャボン玉を買いに行こうかな。むにゃむにゃ頭はほわほわシャボン玉みたいにぽっかりぽっかり浮かんでは消える(たまにビックリするくらいながく飛んでるシャボン玉がいたりして)。さ、おやすみなさい。
  7. lifer_kimika キレイなイロを見る、イロ使いを見る。トランポリンの上をポンポン跳ねているような気持ちがする。さて、おやすみなさい。
タグ付けされた

【Tweets】☆矢野ネコの日常スギル日常☆

[contemplate1]


lifer_kimika 今年初セミの鳴き声。夏も間近。ってか夏?

lifer_kimika お星さまいっぱいの空が見たいなぁ。さっき、小さい三角形になってるお星さまたちがいた。

lifer_kimika しょわしょわしょわ、と、蝉も目を覚まして鳴き始めた。良いお天気。今日も暑くなるね。
この感じは…ラジオ体操の空気だなー。

lifer_kimika 蒸し暑いのです。雨が降った次の晴れの日は蒸し暑いのです。サウナ気分と思えば過ごせるかしら。。

lifer_kimika 思い出した。昨日、花火を見ていた。とってもキレイだった。ふと、大きな爆発音と上空を飛ぶヘリコプター数台の音が恐い連想に繋がった。戦慄した。その前に「トロイア戦争」の話を聞いたのが少なからず影響したのでしょう。キレイなものと、恐い想像。

lifer_kimika 窓を開けて、蝉の声を聞きながら。んー。夏!

lifer_kimika ところで、私の母は「今日もセミセミセミセミ鳴いて、うるさいなー。」と言います。「蝉の声はセミセミとは聞こえないよ」と正当なツッコミをするも「いや、セミセミって聞こえる!」と主張する。ちなみに同じ事を亡くなった母方の祖母も言っていた。私も将来そんな風に言うのだろうか。

lifer_kimika さらにところで、うちの母のヘンな言動のいくつかは既に私のDNAに組み込まれている。「信号、緑に変わったよ」と言うところとか(でもこういう風に言うのって、そんなに少数派ではないと思うのだけど)。ちなみに「緑信号」とは言わない、「青信号」と言う。そこは世間様と一緒。
タグ付けされた