【総括】stg:6「互助」

いつもなら大体終了の1週間後ごろには上げていたが、翌週には別のイベントがあったため、遅ればせながら。ちなみに(個人的には)本公演の総括はその別イベントにも繋がるものでもある。
まずはご来場いただいた皆様に感謝を述べるとともに、今回も死人が出なかったことに感謝したい。

今作は当初から述べてきたとおり、自分の中で「何を大事とするか」という根本から変更して臨んだものだった。そしてそのために脚本も構成した。つまり、もしそのアプローチが結果を生まなければ、良い物にはなろうがそれ以上にはならず、逆にデメリットが目立つこととなって最終的には及第点、といったところに落ち着くだろう…という形にした。もう少しだけ具体的に言うなら、今回は本番の板の上に仮に「上手な役者」が出来上がっても、成立しない…いや、ちょっと逃げ道を作って、成立しないこともないようにはした。
結果が何点だったかというのは作者側の勝手であって敢えて言うものでもないが、ただ一つ、当然ながら新しいやり方は容易くはなかったなというのがここで言える感想である。
前述の「何を大事とするか」の変更。ザックリ言うと、これまでは「観客の中に何かが生じるか」だったのを今回は「出演者の中に何を生じさせるか」に切り替えた。何故そのように変えたの?はまた別場でそのうち述べるとして、、稽古から何から色々とアプローチが変わるだろうとは思って臨んだものの、思っていたより深いところでその二つは異種だった。終わってみると反省点しかない。

しかし同時に課題として色々と明確化できた部分もある。稽古期間の初期でやっておくべきだったこと、やるべきでなかったこと等。何より大きいのは、これはどうやら間違った方向ではなさそうだという予感を感じたこと。それは多分、今回お力添えいただいた出演陣のおかげでもある。「おそらくこういう側面で刺激をくれるだろう」と予期していた部分もあり、また全く予期せず天啓を与えてくれた部分もあり。そうした刺激を意識してか否かに関わらず常にこちらにぶっ刺してきてくれた面々だった。
そしてもう一つ。やって判った(厳密には思い出した)のは、本番は役者を破壊するという感覚である。前に聴いたロシア演劇クラスの研究生公演の逸話で、演出がそれまでの稽古で役者のなかに培ってきた役の精神を守るために、公演では舞台が客席から見えないようついたてで覆ったという話があった。当時は「そんな馬鹿な」程度にしか思っていなかったが、今回はそれを直に感じた。勿論「人に見られて恥ずかちぃ」という次元のものではない。もう長いこと稽古なるものが、「慣れる」ことによって本番の安全な遂行を目指すという行為に落ち着いてしまっていた感がある。またそれが私だけでなく周囲で一般に稽古と呼ばれている行為だとも思う。だが、そもそも本番というのはもっと危うい感情の糸の上に立っている状態だったような記憶が、劇場に入ってからの稽古~本番で蘇った。そしてようやく先述の逸話が腑に落ちたのである。
実は今回、初めて部外者が客席に入ったゲネで、ポロッと某出演者が「お客さんがいて怖い」とこぼしたことがあった。本来そんなことを言うようなキャリアの人では無いし、そのときは余裕が無かったので適当にあやしてしまったが(ほんとごめん)、正直それを聞いた瞬間、衝撃とともに「今回やってよかった」と電気が走っていた。

本番に破壊されるという感覚は、一出演者としても十分に味わった。「破壊される」とは見せ物を創る者としてあるまじき言い種だが、しかし「この感覚が今後のキーになるかもしれない」という体感が、先ほどの「どうやら間違った方向ではなさそうだという予感」につながってもいるので、ご容赦いただきたい。
実は最初に書いた別のイベントも、私個人がその感覚をもっと掘り下げるために行っている修行のようなものではある。今回は特に本公演の翌週だったため、ひしひしとそれを感じながらやっていたが、本公演の総括もかなり長くなってしまったので、それはいずれ別途書きたい。

ともあれ総括として述べるならば、今作は当初思っていたよりも、そして意外にも、好きな作品となった。自作としてはあまり無いことである。

【稽古日誌】宮本荊

初日、二日目と終えて皆さんが帰られた後の会場。
今回は最小限の物しかない、ほぼスッピンの舞台だが、それでもやはり二日間やってきた分、塗り込められた色を感じる。元の劇場空間とは全く違う感がある。これは素舞台でやる魅力の一つじゃないかと思う。
明日、楽日でこの空間を見るのは最後になるが、存分にやってゆきたい。

stg:6「互助」は明日13時、17時で最終となります。
お時間がございましたら是非ともお越しください。

▽空き確認・ご予約
http://lifers.jp/orv/

【稽古日誌】多田竜也

明日はいよいよ初日!

昨日から小屋入りをいたしまして、本日は本番さながらゲネを行いました!!

どんどんいい芝居になって来ていると思います!
この調子で明日はいい初日を迎えるぞー\(^o^)/

と、言うわけで短いですが僕はそろそろ台本に戻ります!最後までチェックは欠かさずに!

稽古日誌でした!!!!笑

【稽古日誌】宮本荊

本番前週、稽古も色々と詰めに行き出す頃である。週が明けて小屋に入り、14日から本番が始まる。
そういえば、あまり演出的な愚痴をあまり垂れずにここまできた。おそらくグチっている場合でも無かったのだろう、自分。
今回、実は色々な想いがあって演出以前の、何を大事として作品を作るかという前提から、これまでと全く違う形にトライしてみた。言ってしまうとこれまでのやり方は間違ってたんじゃないかというくらいの方向転換をしてみたわけで、吐露すると、少なくとも己の中は大荒れだった。
具体的にどういう転換?というのは上演に先立って言うものでもないのでそっと仕舞っておくが、そもそもその方向転換とやらをやってみるために今回の公演を企画し、そしてそれをやってみるために、これまでと同じ方向の稽古のやり方だと成立しない、なんならグデグデになって中途半端にすらならないような脚本にしたのだった。そして同じ理由で、執筆時点で有ったビジョン、完成予想図のようなものを(当社比で)ほぼ破棄して、進行中も極力それを自分の頭の中で先行して確定させないようにしてきた。してきた、というか努めた、というかがんばった。
その結果、実際のところ、稽古中にその場で何か光ったり、光らなくてめげたり、他の皆さんから何かをもらって話の本筋自体が躍動して驚いたり、というような演劇青春馬鹿な感覚が久々にあったのも確かだ。だが当然その分、着地点が見えない恐怖の時間も多かった。恐怖の時間自体は悪いことではないし寧ろあるべきだと思うが、なんにせよ心穏やかではなかった。もうこれまでのやり方で作ってしまおうかと、心が劇画調になったことも何度かあった。
しかし、ここからが本題だが、今回の出演陣の皆さんのおかげで前述のアップダウンを総じてプラスに持って行くことができそうだ、というところまで来られた。大変感謝している。各々タイプや姿勢は(正直なところ当初思っていたよりもかなり)違うが、むしろそれがよかったのかもしれない。
ここからは、色々なものをくださったこの出演陣に報いるためにも最上の完成に持ってゆくことができるかどうかというプレッシャーと戦って精神を削ってゆきたいと思う。酒など飲んでいる場合ではない。

【稽古日誌】メル(Mer)

メル(Mer)です。

稽古日誌、初体験です。
大変ぐずっていましたが、主宰の宮本さんに念じられるかのように窘められましたので、ようやく書いています。

ちなみに、今日の宮本さんは味つきの炭酸水にまたトライしていました。炭酸水って、美味しいですよね。私は結構好きです。

前回はグレープ味にトライしていましたが、今回はレモン味です。渋く飲んでいましたが、美味しかったのでしょうか…。

味の感想は、宮本さんのTシャツの言葉に気を取られていたので忘れてしまいました。

『せめて、人間らしく』

宮本さんが着ると、なぜか妙な説得力がありハマります。

初日までもう1ヶ月と思いきや、残り約2週間。

つい数日前に、制作のしほさんからバームクーヘンの差し入れをいただきました。

出演者のみなさんと、荻窪にある炒飯専門店に行きたがっています。

西荻窪の劇場周りにも美味しいお店が多いので、探索してみてくださいね。

そんな風に和気あいあいとしながらも、いよいよ大詰めです。

本番が待ち遠しく、
そして是非楽しみにご覧くださいませ。

【稽古日誌】古山彩美

こんにちわ!
LifeRさんは3度目となります、筋トレ嫌いの古山彩美です。
違うんです。
嫌いな訳ではありません。
どうにか楽して筋肉がつかないかなぁと思っているだけです。

…さて
「互助」絶賛稽古中です!

先日の稽古では動きのあるシーンを確認いたしました。
舞台セットの位置を考えながら、徐々に立ち位置やら動きやら芝居やらが決まっていきます。
残り1ヶ月と相成りますが、まだまだ稽古して良いものを造り上げていきますよー!!

※写真を撮ると目線はくれるものの、決して寄っては来てくれない座組のメンバー…(大丈夫、仲良しです!)

【稽古日誌】初めまして

初めまして、多田竜也と申します。

舞台、『互助』絶賛稽古中です!

今回、作・演出家でもあります宮本荊さんからブログ書けコノヤローと言われたので筆を取った次第であります。(実際はもっとやんわり言われました)

本日17日!台本が完本いたしました\(^o^)/

ラストまで話が見えたことで役作りなど色々な部分がより立体的になってくる…んじゃないかなぁ〜って思いますよ!!

当日は西荻窪でお待ちしております!
乞うご期待!

【稽古日誌】始まりましてる

ただ今HP公演ページにて情報を公開しているが、先月よりstg:6公演に向けて稽古が始まった。出演陣と、序盤の顔馴染ませも一頻りできてきたところだ。
間に細々と個人活動を行っていたためナンバリングの本公演としては日が空いてしまったが、また作・演出と出演をさせていただいている。テンパってくるとそれらが満遍なくおろそかになってしまうが、今回も暖かい出演者の皆さんの支えによって乗り切ることができるはすだ。そんな風に先手を打っておいて、今回の出演者を軽くご紹介。
まずは初めてご一緒する多田竜也さん。好青年枠でお呼びした純血の好青年で、見た目は好青年で中身も比較的いい人だ。たまに得体の知れない闇や気だるさが表われて、見かけほど若くないことを思い出させてくれる。普通に立っていればイケメンだが、もう少しエグい側面を探ってみたい。
そして古山彩美さんは先日の読み聞かせを含めると三度目のご協力となる。相変わらず筋トレへの一貫した嫌悪感を示すが、ベースは真摯なので、今回もまた稽古にあたって新しい技術的難題を前に大いに悩んでいただいている。
もう一人、初参加となるメルさんは、ベースは俳優さんでなく舞踏の方である。実は当初は身体表現枠的にお呼びしたのだが、思いがけず素敵な声だったため、結果的にけっこう喋っていただくことになった。本人にそう言ったら大変恐縮されていたので、あらためてここでプレッシャーをかけておく。稽古場では、正に別領域からの刃といった意見を頂くことが多々ある。自分が思っていたよりも形式的になっている部分を再認識させてくれる、ありがたい存在だ。
最後に、前回の読み聞かせで美声を響かせた岸本和也さん。その重低音の安定感でもってほかの4名の背後から忍び寄って、もとい、サポートしていただきたい。

これからまた本番まで、これらの出演陣にも登場していただきながら稽古日誌としてご報告をあげてゆきます。

稽古日誌 池畑天平

先日より『いにしえの魔術』の方にやっと参加することができました、今までの遅れを取り戻そうとあくせくしております。

気づけば本番まではあと一月を切ってまして、なんか今回結構余裕あるじゃん、とか余裕をぶっこいていたこの間までの自分に渇をいれてやりたいです。

ただ、全体の流れは皆つかめてきてる感じにはなってきてるので、あとはどう面白くするかとお化粧の部分かと、、、そう思いたい、という希望的観測。

兎にも角にも後ろを向かず前に進むしかないんだと改めて思いました。