稽古日誌 池畑天平

先日より『いにしえの魔術』の方にやっと参加することができました、今までの遅れを取り戻そうとあくせくしております。

気づけば本番まではあと一月を切ってまして、なんか今回結構余裕あるじゃん、とか余裕をぶっこいていたこの間までの自分に渇をいれてやりたいです。

ただ、全体の流れは皆つかめてきてる感じにはなってきてるので、あとはどう面白くするかとお化粧の部分かと、、、そう思いたい、という希望的観測。

兎にも角にも後ろを向かず前に進むしかないんだと改めて思いました。

稽古日誌 池畑天平

さてさて、大人の為の怪奇な読み聞かせ2版、ということで1版に続き今回も参加させていただくことになりました池畑天平です。
稽古も始まりまして、また濃い感じの面々が集まったなという感じです。
朗読ではなく、小説そのままを舞台で演じる。これがなかなかどうして、とても難しいです。
1版の時は、やっとコツというかやり方というか全体像が見えてきて、これからどんどん良くなって行くのだろうなというとこで本番を迎えました。
2版では、これらの反省点を踏まえてさらに良い作品とするため、邁進していきます。