汗だくの季節

徐々に、というより急速に気温が上がってきて、身体を動かせば多少の汗もかく陽気になってきた。こうなると何がつらいか、夜間稽古の後に風呂に行けないことである。

当LifeRでは、毎稽古の際に身体のストレッチに加えて全員それなりの筋トレを行うことになっている。そこまでアクションアクションな舞台ではなくむしろ静的な部分が多かったりするので「筋力」というものが絶対必要というわけではない。実際、客演で来てくださる役者さんがたや、そして私達自身でも「こんなに筋トレが必要なのか?」と時折疑問に思うことがある・・・正直なとこ。

ただ、そうはいっても全てが見られる舞台上ではただ動く、ないしただピタッと止まっているというだけでもそれなりの体力は要るもので、10代の頃ならまだしも30を目前にした今日この頃、そのあたりをサボっていると「筋力」以前に「自然に動く」こともままならなくなってくる。これは実際に今まで何度かサボってみて経験済みだが、30代も半ばとなったウチの川上の様を見れば、危機感もひとしおである。そのための筋トレである。

で、そこそこキツいトレーニングをすれば当然汗をかくのだが、夜の稽古が22時過ぎに終了すると銭湯が閉まってしまう23時まであと僅かである。そこから帰ってお風呂セットをひっつかみ、「今頃来たの」と言わんばかりの受付のおばちゃんの冷たい目を受けて急いで駆け込む頃には、下手をするともうおじいちゃんが洗い場の掃除を始めていたりする。

・・・といった感じになるんだろうなぁと想像して、その日は諦めるのである。

追い打ちをかけるように最近、ちゃんと汗とかを落としておかないと禿げるという情報を耳にした。今のところまだ安全圏だが、LifeRの作風を鑑みるにこれはとてもマイナスである。

努力はしてみるが、何かの折にもし私の髪の量が微増していると感じたら、そうした背景があったのだろうと思ってソッと口をつぐんでいて欲しい。

ブックマーク へのパーマリンク.