☆二人でお芝居でした☆

こんにちは、こんばんは、おはようございます、キミカです♪

「横野泰じゅうにばん勝負~菊屋橋「車両」プロデュース~その四」、無事に終了いたしましたヽ(^◇^*)/一昨日20日千秋楽の日、よこのんと二人でお芝居、してきました。ご来場いただきました、お客様みなさま、本当にありがとうございました。よこのん始め関係者の皆様方、本当にありがとうございました。

先日、レポしたように二人芝居ひさしぶりでした。一生懸命すぎて気づかなかったんですけど、二人芝居・・・舞台に立っているのがたった二人、だったんですよね。今やっと実感がわいてきました。なんか。うん。

「観覧車の町」というタイトルのお話しでした。作品毎に使う集中力が違うっていうのかなぁ・・・LifeRのお芝居とは全く違うテイストだったんですけど。LifeRの時とは違くて、んー何て言うのか、自分のカラダを核にして「車両」さんをカバーできるくらいのおっきいシャボン玉を作るみたいな集中でした。・・・伝わりにくいっか。でもそんな感じだったんです!私の体感では(無理矢理おさめる)!脚本も女性作家さんという事で、女性ならではの視点というか、きゅきゅっとココロにくるポイントとか全然違います、超いんたれすとでした。

うーん。ちょっとまだ抜け切れてません、観覧車の町のイメージから。シャボン玉がまだふわふわふよふよカラダの周囲を漂ってます。心地いいので、自然になくなるまで、もう少しこのままでいようかなって思ってます。

タグ付けされた . ブックマークする へのパーマリンク.