交通事故に遭ったと思って諦めな

今日稽古場に衣装を担当してくださる佐賀さんが来てくれました。

衣装のデザイン画をカラーコピーするとのことで僕が最寄のコンビニにエスコートすることになりました。最寄といっても今日の稽古場は閑静な住宅街に位置していたため徒歩で五分程、いや気持ちもう少し離れたところにやっとLソンがある位なのでちょっとした旅気分ですなこれは。コンビニ一つでこれだけ離れているとなると、やはり何かが起こるわけで、エスコートの道中、交通事故に遭いました。と言っても運転手は三歳くらいの女の子、車両は子供用の自転車でしたけど…僕が後ろからの衝撃に振り向くと人とぶつかったという事実を受けとめられず『あ…、あ…』とパニックになってました。後ろでその子のお母さんが『すいません』と謝ってくれました。ということで本番前の大事な体に怪我を追うことは避けられました。

ところで衣装のデザイン画を見せていただきましたが全体にシックで大人っぽい素敵な雰囲気であります。それを実際僕らが着たらまたテンションあがるだろうなぁ。そんなことを想像しながら今夜は床につきたいと思います。しかしそんな素敵なデザイン画を見て改めて思いましたが、舞台とは沢山の才能が集まってできるものなのだなぁ。

才能達の集まり…良い響きですな。

後光さす

ブックマーク へのパーマリンク.