出演を決めた動機

皆様、はじめまして。今回初めてlifeRに出演させていただく事になりました、BQMAPという劇団の矢部亮と申します。

初めて主宰の宮本さんとお会いした時、打ち合わせも兼ねて近くの喫茶店に入りました。人気がある店なのか中はかなり混んでいたのを覚えています。

そこで店員を呼ぶ際、普通なら「すいませーん」と声をかけるところを、宮本さんは黙ってパチンと指を鳴らしました。私は店員を指パチで呼ぶのをマンガでしか見たことがありません。その瞬間はなんていけ好かない人だと思ったのですが、肝心の店員は誰も来ません。宮本さんはもう一度鳴らしましたが、やはり店員は来ません。そして宮本さんは

「…来ないですね。」

と呟くように言いました。この完璧にカッコ良くなれない惜しい感じに私は「この人となら面白いものができる」と思い出演を快諾したのでした。でした。

写真は川上君を取り巻く人々。写真を撮りたいからとポーズをせがんだ訳ではなく、自然とこうなった図を勝手に撮らせてもらいました。これからも稽古が楽しみです。

囲んでる

囲んでる

ブックマーク へのパーマリンク.