☆異文化コミュニケーション☆

なんと丸一ヶ月間超の御無沙汰です、矢野です!御無沙汰している内に夏も過ぎ去っちゃって、残暑でお昼間はまだ暑いけど、お日様が沈んだらやはり肌寒い時期になっちゃいましたねぇ。皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてここのところ稽古場は異文化コミュニケーションが花盛りです☆とは言っても稽古場にいるのは相も変わらず、今回の出演者4人だけでして、決して外国の方がいらしてるわけではありません。では、なーにが異文化コミュニケーションであるか・・・。

実は今回、私達は所々日本人ではない人になります!

例えば、×××××語を話してみたり、遠くどうやら森やら砂漠やらにいるような部族な人達な感じだったり、蛙だったり、デスメタルなジブリ(これは稽古で出た演出の言葉です!意味わかります?わからないですよねぇ?!)だったり、とにもかくにも日本人ではない人が頻繁に出てくるのです。

というわけで、矢野の目下の敵は×××××語です!なんせ今まで、語学はインド・ヨーロッパ語族の言語をなるべく避けて、最低限しなければならない英語だけにとどめてきたんですよ。とってもなんとなくでコレといって決定打になる理由はないのですけれど、インド・ヨーロッパ語族の言語、習うの嫌だったんです。中国語とかハングルとかの方が楽しいじゃないですか!・・・そんな矢野には、×××××語、敵です。ほんとに格闘してます。

ちなみに上記のような、一回聞いただけでは頭の上に?マークが満開してしまいそうな演出の言葉とも、ある意味で格闘中です(笑)あまりに変なので、宮本語録でも作ったら楽しいんじゃないかとか思ってます♪

演出上、一部伏せさせていただきました。(宮本)

ブックマーク へのパーマリンク.